2018年11月18日(日)

住民主導で「命守る防災」 最大津波の高知県黒潮町
科学記者の目 編集委員 久保田啓介

コラム(テクノロジー)
科学&新技術
2018/7/30 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

7月初めの西日本豪雨災害では、行政が警報を発表しても住民の避難に直結しない問題が浮き彫りになった。想定される南海トラフ地震でも異常が観測されると気象庁が情報を出す仕組みだが、住民はどう避難すべきか、手探りが続いている。そうしたなか対策づくりが先行する自治体がある。南海トラフ地震が起きると最大34メートルと、沿岸で最も高い津波が予想される高知県黒潮町だ。「最大津波の町」と名指しされたことで危機感が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報