/

日本公庫館山支店、事業承継で社長個人に融資

日本政策金融公庫館山支店は24日、水産会社の与助丸商店(千葉県南房総市)の社長個人に対し、事業承継のための融資を実施したと発表した。前社長が保有する株式の取得資金に充てる。融資額は非公表。同融資は県知事の認定を得て適用され、県内では初めて。

事業承継は株式の取得などで資金を要する場合があるが、従来は経営者個人に株式取得資金を融資するのは難しかった。こうした課題を解消するため、中小企業経営承継円滑化法に基づく認定を受けた中小企業の代表者を事業者とみなして融資できるようになった。2017年4月からは認定業務が国から県に移譲された。

同支店によると、今回の融資では知事の認定を受けるために公認会計士などが株価算定などで支援したという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン