青森市、バス停・車内で英語案内 外国人誘客策拡充

2018/7/24 21:10
保存
共有
印刷
その他

青森市はインバウンド(訪日外国人)受け入れ対策を拡充した。外国人が多く訪れる中心市街地や観光拠点の市営バスのバス停の乗り方案内、市街地地図に英語の説明を表示した。また、中心市街地と三内丸山遺跡、浅虫温泉を結ぶバス「ねぶたん号」の全バス停に英語表示を加えたほか、英語の車内アナウンス・車内案内表示を始めた。ねぶたん号の案内パンフレットは英語版、中国語版(簡体字・繁体字)、韓国語版を作製した。

英語表示を付加した青森市営バス停留所の中心街案内地図

さらに8月1日から、大型クルーズ船が停泊する新中央埠頭から中心商店街を通ってJR青森駅に至る道路(約1.35キロメートル)で無料Wi-Fiが使えるようにする。民間事業者では、青森と函館を結ぶ青函フェリーも無料Wi-Fiが使用可能となった。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]