/

この記事は会員限定です

株高阻む米国発貿易摩擦 世界経済「今がピーク」

編集委員 前田昌孝

[有料会員限定]

週明けの23日に日銀の金融緩和政策の修正観測で揺れた東京株式相場も、24日には落ち着きを取り戻した。円高一服や米長期金利の上昇を好感した買いが自動車株や金融株に入った。ただ、米国発の貿易摩擦に対する警戒感は根強く、中長期の投資家の動きは鈍い。国際通貨基金(IMF)は世界の経済の成長率は「今がピーク」であり、貿易戦争によって成長にブレーキがかかるとみている。上場企業の4~6月期決算発表が株高への号砲にな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1915文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン