ロスネフチの提訴、米石油メジャーけん制か

2018/7/24 19:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【モスクワ=小川知世】ロシアの国営石油大手ロスネフチがサハリン沖の石油、天然ガスの開発事業「サハリン1」を巡って、権益を持つ日米などの企業を提訴した。隣接するロスネフチ管轄の油田との原油生産の帰属を巡って争いが生じた可能性がある。ロシアより多くの権益を持つ米石油メジャーへのけん制との見方もあり、対ロビジネスの難しさが改めて浮き彫りになった。

裁判所の資料によると、ロスネフチは2015年7月から1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]