同盟不況がやってきた 本社コメンテーター 秋田浩之

2018/7/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

同盟を軽視するトランプ米大統領の言動が、欧州やアジアに不安を広げている。だが、彼の振る舞いを批判するだけでは、問題の本質はみえてこない。

米国主導の同盟が揺らいでいるのは、同盟不況ともいえる構造変化の波に、世界が洗われているからだ。トランプ騒動はそれがもたらした「症状」であって、原因ではない。

経済がそうであるように、需要が減れば、同盟も不況に陥る。いま、世界はそんな状態にある。いちばん大きな原…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]