/

熱中症の搬送者2万2千人 過去最多、死者65人

(更新)

総務省消防庁は24日、熱中症とみられる症状で16~22日の1週間に全国で2万2647人(速報値)が搬送されたと発表した。集計を始めた2008年以降で最多となった。このうち死亡したのは28府県で65人だった。都道府県別の搬送者数は、東京が最多の1979人で、愛知1954人、大阪1779人、埼玉1617人と続いた。

死者数は最多が愛知、三重の各7人で、埼玉が6人。大阪と、西日本豪雨で大きな被害が出た広島が各5人。これまで熱中症による1週間の搬送者数が最も多かったのは、15年7月27日~8月2日の1万2064人だった。

東京消防庁も24日、都内で23日に熱中症とみられる症状で搬送された人数が371人(速報値)で、記録を取り始めた10年以降で最多となったと明らかにした。1~97歳が搬送され、重篤な症状の人もいた。これまでの最多は13年8月10日の350人。今年は7月中旬ごろから1日当たりの搬送者が250人を超える日が続いていた。

23日の救急出動件数も過去最多を更新した22日(3125件)を上回る見込み。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン