オン・ザ・グリーン

フォローする

ゴルフも海外組? 4人が全英オープン予選突破
編集委員 串田孝義

(1/2ページ)
2018/7/26 6:30
保存
共有
印刷
その他

イタリア初のメジャー制覇で幕を閉じたゴルフの全英オープン選手権(英カーヌスティ・ゴルフリンクス=7402ヤード、パー71)。日本勢はエースの松山英樹がまさかの予選落ちを喫したが、総勢10人が出場し、4人が決勝ラウンドをプレーする頑張りをみせた。

ローテーションで開催される全英のコースで最北端に位置し、最難関といわれるカーヌスティ。1999年、2007年の過去2回に日本選手は出場しているが、順位は99年の米山剛の15位が最高。両大会とも一人としてアンダーパーで1ラウンドを回れた者はいなかった。

小平は「達成感というより悔しさの方が大きい」と振り返った=ロイター

小平は「達成感というより悔しさの方が大きい」と振り返った=ロイター

今大会、日本勢最高は小平智の35位。とはいえ内容が異なる。72、71と粘って3度目の全英で初めて予選を突破すると、ムービングサタデーの3日目に堂々の3アンダー「68」をマーク。4月に憧れだったマスターズに初出場、4日間戦い抜いたときとまったく同じ感想を口にした。「もう少しできた。達成感というより悔しさの方が大きい」

川村「自分のスタイルで戦える」

カーヌスティに一番フィットしていたのが「全英に出て勝つことがゴルフ人生最高の目標」と若い頃から周囲に語ってきたという初出場の25歳、川村昌弘かもしれない。初日こそ77と出遅れたが、雨の2日目に67を出して予選をクリアすると、決勝は2日間とも71。初日を除く3日間だけなら4アンダー。

最終日は地元スコットランド出身のアマチュア、サム・ロックとラウンド。ベストアマ「シルバーメダル」が確定した新星に大歓声が飛ぶ雰囲気にも動じることなくほほ笑みながらプレーした。優勝争いの猛者がスコアを崩した強風にも慌てず、積極的に握ったドライバーも巧みに高低を打ち分けた。

初出場の川村は確かな手応えをつかんだ=ロイター

初出場の川村は確かな手応えをつかんだ=ロイター

「もっと吹いてもよかったかなと。番手の違いがまだ常識の範囲内。普段と2、3番手違うぐらいが全英じゃないですか。子どものころから、全英ならチャンスがあると思ってきて、それが裏切られなかった。自分の飛距離、プレースタイルで戦えると確信した」。比較的穏やかだった今年のカーヌスティの天気を残念がる余裕もみせた。

川村といえば自称「旅人ゴルファー」。日本だけにこもらず、積極的にアジア、欧州へと旅に出て過酷な環境に慣れ、楽しむことで腕を磨いてきた。次戦は欧州とアジアツアー共催の「フィジー・インターナショナル」。「日本にはまあ、そのうち帰ります」と笑わせた。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

オン・ザ・グリーン 一覧

フォローする
4選手全員がキャディーなし、バッグを自ら背負ってプレーした(左からマキロイ、D・ジョンソン、ファウラー、ウルフ)=USA TODAY
USA TODAY

 ゴルフの男子世界ランキング1位のロリー・マキロイ(英国)、同5位のダスティン・ジョンソン(米国)ら米ツアーの有力4選手が参加して行われた慈善大会が17日、米フロリダ州で行われた。2人一組で対戦し、ホ …続き (5/20)

手嶋は今季、レギュラーツアーでシード復帰を目指す

 新型コロナウイルスの影響で、全国に先駆け東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、福岡の7都府県に緊急事態宣言が出されたのが4月7日のこと。それから約3週間、「巣ごもり」を続けるプロゴルファーは、どんな …続き (4/29)

9日開幕の予定だったマスターズは11月開催が発表された=APAP

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響でゴルフのレギュラーツアーは男女とも中止を余儀なくされている。たとえギャラリーを入れず無観客としても、大会運営のためには一定数のボランティアを必要とし、テレビ中継に …続き (4/8)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]