/

韓国が太平洋同盟に「準加盟国入り申請」、メキシコ

【プエルトバジャルタ(メキシコ中部西海岸)=丸山修一】メキシコ外務省は23日、メキシコとコロンビア、ペルー、チリの中南米4カ国が参加する貿易自由化の枠組み「太平洋同盟」に韓国が準加盟国としてメンバー入りを申請する手続きを始めたことを明らかにした。ビデガライ外相はツイッターを通じて韓国に対して歓迎の意向を示した。

太平洋同盟の4カ国はコロンビアを除き環太平洋経済連携協定(TPP)に参加している。コロンビアもすでに参加を希望する意向を表明している。現在、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポールの4カ国が準加盟国の申請をしており、中南米発の貿易自由化の枠組みがアジア地域に広がろうとしている。

太平洋同盟は同日から24日までメキシコ太平洋岸のリゾート地、プエルトバジャルタで首脳会議を開催する。域内のさらなる統合や成長戦略に加え、準加盟国の申請など貿易自由化の枠組み拡大についても話し合われる見通し。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン