2018年8月18日(土)

2040年に1.5度上昇 猛暑や豪雨多発をIPCC予測

経済
政治
環境エネ・素材
科学&新技術
2018/7/24 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、現状の温暖化ガスの排出ペースが続くと2040年ごろの気温上昇が産業革命前より1.5度に達するとの予測をまとめた。猛暑や豪雨が増加するほか海面上昇も高まり動植物の絶滅などにつながると分析。温暖化の被害を抑えるには、今世紀半ばまでに温暖化ガスの排出を「実質ゼロ」にする経済活動などの変革が必要だとした。

 温暖化予測はIPCCが10月に韓国で開く会合で特…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報