印バジャジ・オートの4~6月業績、予想下回る

2018/7/23 21:47
保存
共有
印刷
その他

インド二輪大手バジャジ・オートが20日発表した2018年4~6月期の純利益は市場予想を下回った。コスト増と、需要喚起のための追加値下げが原因。純利益は前年同期比21%増の111億5000万ルピー(約182億4800万円)。ロイター通信のアナリスト向け調査での平均予想は124億7000万ルピーだった。

税金費用が37%、原材料費が41%それぞれ増加した。売上高は27%増の741億9000万ルピーだった。

国内での商用車の販売が80%以上増え、2輪車の販売も39%増加したが、業績は振るわなかった。売上台数は38%増の123万台だった。

証券会社ICICIダイレクトによれば、国内外市場で実際に販売した価格が予想価格より低かった。同社は実現価格がほぼ変化しないと予想していたが、6.9%低下した。

(ムンバイ=ニューズライズ)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]