長野県下諏訪町、町民の健康維持へライザップと連携

2018/7/23 22:00
保存
共有
印刷
その他

長野県下諏訪町は町民の健康維持のため、トレーニングジム運営のRIZAP(ライザップ、東京・新宿)の健康増進プログラムを導入する。8~11月に計8回のプログラムを開催する。

対象は20~69歳までの町民。午前と午後の2グループに参加する計30人を募集する。参加者は下諏訪体育館で1日90分間トレーニングし、運動や食事などについて同社の指導を受ける。10月には諏訪湖で特別プログラムも開催する。

同町は6月30日に、町民の健康を重視する「健康スポーツ都市」を宣言。宣言の特別企画としてライザップと連携する。同社は県内で2017年に川上村、18年に伊那市と連携した特別プログラムを開いている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]