/

東京都 駅舎に太陽光パネル、鉄道会社に助成

東京都は太陽光発電の普及へ、都内の鉄道駅舎にソーラーパネルを設置する費用を助成する。鉄道会社に1駅当たり2億円を上限に必要な費用の3分の2を給付する。人が多く行き交う駅にパネルを敷設して太陽光発電をPRし、一般家庭への導入拡大につなげる。

ソーラーパネルのほか、情報発信用のデジタルサイネージ(電子看板)、蓄電池の設置費用も助成の対象だ。期間は2018~20年度の3年間で、事業者からの申請は19年3月下旬まで受け付ける。

都は太陽光など再生可能エネルギーの電力利用割合を20年に15%程度とする目標を掲げている。16年度の比率は約12%だった。都は都内の建物別に太陽光発電に適しているのかを示す「東京ソーラー屋根台帳」を公開しており、一般家庭への拡大をめざしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン