横浜・公立中の「ハマ弁」 値下げでも利用伸びず
潜望展望

2018/7/24 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

横浜市が公立中学校向けに配達弁当「ハマ弁」を導入して2年。当初からの利用低迷を受けて4月に値下げしたが、利用率は6月時点で2.1%にとどまる。必達目標とする「2018年度末までに利用率10%」に向け、市は秋から試行的に当日注文を受け付けるなどさらなるてこ入れに懸命だ。

「試食会などではおいしいとの声が多く、注文方法も他の自治体と比べてそこまで不便なわけではないが……」。横浜市教育委員会はハマ弁の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]