2018年9月26日(水)

9/26 22:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 日経平均が2万4000円回復 次の節目を見始めた投資家[有料会員限定]
  2. 2位: 日経平均2万4000円台回復、市場関係者に聞く[有料会員限定]
  3. 3位: 株、配当落ち埋める先高観 相場とVI同時上昇が映す強気[有料会員限定]
  4. 4位: 出光興産、脱ガソリンへ第2の創業[有料会員限定]
  5. 5位: 東証大引け 続伸、2万4000円台回復 海外勢の買いで年初来高値迫る

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,033.79 +93.53
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
24,000 +260

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

スペシャルトーク[映像あり]

日経マネー 発行人 大口 克人

9月26日(水)14:18

トヨタ 欧州で法人向けカーシェア[映像あり]

日産自 検査不正の最終報告書を国交省に提出

9月26日(水)13:01

[PR]

ポジション

フォローする

緩和副作用に配慮案 日銀会合、リフレ派反発も

2018/7/23 20:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 日銀は7月30~31日に開く金融政策決定会合で、現行の金融緩和の副作用にどう配慮すべきかを検討する。緩和が長引くなかで、金融機関の収益に目配りする狙いがある。ただ積極的な緩和を求めるリフレ派の政策委員が反発する可能性も否めない。物価が低迷するなら追加緩和が必要との立場で、今回改定する2020年度の物価見通しが注目される。

 「心が折れそうになる数字だ」。日銀幹部は厳しい表情をみせる。20日公表の6…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

相場と投資を読み解く

23日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

決算ダッシュボード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム