2019年1月21日(月)

道内でチップ値上がり バイオマス急増、製紙に打撃

2018/7/24 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道内で紙の原料などに使われる木材チップの価格が上昇している。6月時点の価格は1トンあたり1万3300円(パルプ向け針葉樹)と、3年間で11%上昇。全国(5%増)の伸び率を上回り、8年ぶりの高値圏にある。バイオマス発電所の稼働や海外向け取引などで急増する需要に対し、供給が追いついていないためだ。製紙業が不振に陥る一因となっている。

「チップの値上がりは既定路線で諦めています」。日本製紙北海道工…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報