/

JR九州、アリババと提携 販促にデータ活用、アリペイ導入

JR九州と中国・アリババグループは23日、九州への訪日観光客誘致で提携したと発表した。九州で日本に入国する中国人客の数(クルーズ船を除く)を2023年度までに、約4倍の100万人に増やす。アリババがインターネット通販などのデータを活用し、最適な訪日情報を中国で個別に発信。JR九州はアリババの電子決済の国内導入に協力する。

アリババは利用者が5億人を超えるネット通販や電子決済、動画配信といった多彩な事業を持つ。それぞれの利用履歴などから、潜在的に九州への訪日需要がありそうな消費者にネット経由で観光情報を届ける。例えばグループの旅行予約サイト「フリギー」で、九州の旅行商品や交通チケットをオススメするといったことを想定する。

JR九州は九州の旅行商品の紹介や、フリギーでの自社観光列車の直販で協力する。アリババの電子決済「アリペイ」の九州における導入にも取り組む。JR九州グループの小売店などのほか、グループ外の企業にも働きかける方針だ。

JR九州の唐池恒二会長は「中国客はリピーターになりにくいクルーズ船での訪日が多く、九州の魅力が十分伝わっていない」と指摘。中国の電子商取引(EC)で圧倒的な存在感を持つアリババと組み「100万人のうち半分をアリババ経由で誘致したい」と述べた。

アリババ日本法人の香山誠社長は「九州は日本人には人気があるが、中国人には十分知られていない」と話した。南極や北極圏に向けた中国人の観光送客をしてきた実績を引き合いに「JR九州以外の企業とも連携しながら、九州旅行を需要喚起したい」とした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン