2019年6月20日(木)

ロシア側、衛星電話没収 北方領土空路墓参団が帰着

2018/7/23 18:13
保存
共有
印刷
その他

北方領土の空路墓参で国後、択捉両島を訪れた元島民ら計70人が23日、チャーター機で北海道・中標津空港に戻った。22日に現地入りして計3カ所で慰霊式を行った。入域手続きの際、ロシア当局が日本政府関係者らの衛星携帯電話を没収するトラブルがあった。

墓参団は元島民と家族、政府関係者ら。国後島と択捉島の2班に分かれ、国後島の近布内と古釜布、択捉島の紗那で墓参し、現地に宿泊した。

外務省によると、22日に国後島の空港で入域手続きを行った際に、政府関係者、同行メディアの電話計6台を没収された。23日の出域の際に返還されなかった。ロシア側が国内法を適用し、持ち込みを制限したとみられる。外務省は「日本の法的立場と相いれない」として返還を求める。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報