/

この記事は会員限定です

中国、習主席の礼賛を抑制 対米摩擦で責任分散か

[有料会員限定]

【北京=永井央紀】中国で習近平(シー・ジンピン)国家主席に対する個人崇拝を抑制する動きが出始めた。対米貿易摩擦の激化を機に水面下でくすぶっていた批判が表面化し始めたため、当局が習氏のポスターを一部で撤去するなどの対応に乗り出したもようだ。「貿易戦争」がこのまま過熱し続ければ、習氏「1強体制」への逆風が強まる可能性がある。

7月中旬、北京市内の共産党関連施設で複数の掲示板から習氏のポスターがはがされ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1024文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン