/

この記事は会員限定です

「熱中症」と思ったら…緊急時は「水風呂」が効果的

[有料会員限定]

もし自分や周りの人が熱中症になってしまったらどう対処すればいいだろうか。環境省は「熱中症予防情報サイト」で熱中症の応急処置を紹介している。めまいや吐き気、頭痛など熱中症を疑う症状があった場合、呼びかけに応えたり水分を自力摂取できたりすれば、涼しい場所に避難し、服を緩めて体を冷やし、水分や塩分を補給する。

注意が必要なのは、熱中症の中でも重度の「熱射病」が疑われる緊急時だ。意識がなく、会話ができない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り227文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン