2019年5月27日(月)

複数政党の民主制目指す エチオピア首相が表明

2018/7/23 17:38
保存
共有
印刷
その他

【ヨハネスブルク=共同】事実上の一党支配が続くエチオピアで、アビー首相は22日、複数政党による民主制の実現を目指すと表明した。これまで野党は選挙への参加が認められていたが、弾圧や不正が指摘され、下院の全議席を与党とその支持政党が独占してきた。アビー氏は選挙制度の改革を想定しているとみられる。AP通信などが報じた。

アビー氏は4月の就任後、政治犯を釈放したり、国境線を巡り対立する隣国エリトリアと和解したりして、改革を矢継ぎ早に実行している。

アビー氏は22日、国政政党や地域政党の代表ら50人以上と面会し、参加者からは選挙制度の改革を求める声が上がった。アビー氏は「人権と法の支配を尊重し、複数政党による民主主義を追い求める以外に選択肢はない」と語ったという。

エチオピアでは、少数民族ティグレ人らが政権を掌握してきたことに最大民族オロモ人が反発し、近年政情不安が続いていた。ハイレマリアム首相の辞任を受け、与党はオロモ人のアビー氏を首相に選出した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報