/

日本経済社、ネット広告会社を買収

日本経済新聞グループの広告会社である日本経済社(東京・中央)は23日、デジタル広告などを手掛けるパブリックアイデンティティ(東京・港)を買収したと発表した。同社の発行済み株式の70%を取得した。取得額は非公表。買収で広告閲覧者ごとに内容などが異なる「運用型広告」などデジタルマーケティング領域で技術開発やサービスを強化する。

パブリックアイデンティティはネット広告の7割を占める運用型広告の技術に加え、クラウドサービスにも強みを持つ。今後、両社のノウハウを共有しデジタルマーケティングで新サービスも提供する考え。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン