/

この記事は会員限定です

雇用保険、基本手当を0.5%引き上げ 厚労省

[有料会員限定]

厚生労働省は8月から、失業時にもらえる雇用保険の基本手当を引き上げる。すべての年代で0.5%程度増やす。例えば、30歳以上45歳未満の人の1日あたり上限額は現在7455円で、8月から40円増の7495円になる。雇用者の給与の増加分を雇用保険に反映するためだ。

雇用保険の基本手当は退職する前の6カ月分の賃金(賞与除く)を基に、約50~80%の給付率をかけて算出する。上限額は60歳まで年齢が上がるほど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り213文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン