/

この記事は会員限定です

大型車が通れない 日本橋の首都高地下化に新たな難題

[有料会員限定]
日経クロステック

日本橋上空に架かる首都高速道路の地下化で、懸案となっていた事業費の問題が決着した。当初は5000億円とも言われていた事業費を、既存路線のトンネルを活用することで3200億円に圧縮する。ただし、既存路線の活用に伴い新たな問題も生じている。

都心環状線の一部を、現行の道路構造令を満たしていないKK線などを通るルートに切り替えることにしたからだ。現状は耐荷重が足りず、直角に近いカーブもある。大型車が通れ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1779文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン