2018年11月16日(金)

11/16 21:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,135,739億円
  • 東証2部 86,693億円
  • ジャスダック 93,929億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率13.62倍13.70倍
株式益回り7.34%7.29%
配当利回り1.80% 1.88%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,680.34 -123.28
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,650 -170

[PR]

日経平均ダービー

フォローする

日経平均ダービー 土信田氏「米中摩擦が上値抑える」

2018/7/28 2:00
保存
共有
印刷
その他

読者が株式相場の予想を競う日経平均ダービーの第143ラウンドの結果が出た。6月末の予想を募った今回は、京都市の清宮佳子さん(59)と新潟市の間野雅之さん(47)がトップだった。2人の予想と6月末終値(2万2304円)との差は24円だった。

4年前に公務員を退職した清宮さんは「経済に関心を持ってみたらどうか」という元同僚のすすめで、今回から参加した。長年集めていた切手を使って新聞やラジオに投稿するのが楽しみだという。初参加で首位という結果に「恐縮するくらい驚いている」と話していた。

地方銀行に勤める間野さんは、もともと職場の仲間と円・ドルダービーに参加していたが、数年前から日経平均にも挑戦。今回は米中の貿易問題などで揺れた難しい相場の帰結を読み当てた。入賞景品の図書カードは「自己啓発に使いたい」と語っていた。

次回9月末の予想に向けたポイントは何か。プロ部門で首位の楽天証券経済研究所の土信田雅之シニアマーケットアナリストは、米中間の貿易摩擦について「仮に関税を互いに強化する事態が回避されたとしても、知的財産保護の問題が根っこに残る」と指摘。このため摩擦は長期化し、株価の上値を抑えるとの見通しを示していた。

一方、プロ2位で第一生命経済研究所首席エコノミストを務める嶌峰義清氏は、7~9月期の企業業績について「猛暑による消費の押し上げもあって好調だろう」と話す。ただし、米トランプ政権が11月の中間選挙を意識して保護主義を強めると「円高が急伸して株価に波乱が起きるリスクもある」と述べていた。

【日経平均ダービー、次回は9月末の予想を募集】
 次回の日経平均ダービーの予想締め切りは8月31日です。9月28日の日経平均株価終値の予想を募集します。
 ★電子版からも応募できます。応募の締め切りは8月31日24時。はがきとの重複応募は無効になります。
 ☆はがきでの応募は8月31日の消印有効。
 はがきの場合は、(1)9月末の日経平均株価(算用数字で円単位、銭は切り捨て)(2)予想の根拠(3)氏名(ふりがな)(4)電話番号(5)住所(6)年齢(生年月日)(7)職業――を書いてください。
 1人1予想に限ります。複数応募や必要事項の記入漏れは失格になることがあります。
 宛先 〒100―8691 日本郵便(株)銀座郵便局 私書箱399号 日本経済新聞社 経済解説部 日経平均ダービー係
 入賞者には図書カードを進呈。1位は3万円、2位は2万円、3位は1万円、4位以下の入賞者には5000円です。ピタリ賞もあります。

【円・ドルダービー、次回は9月末の予想を募集】
 次回の円・ドルダービーの予想締め切りは8月31日です。9月28日の東京外為市場の円・ドル相場(午後5時の終値、値幅の左側の数字)の予想を募集します。
 ★電子版からも応募できます。応募の締め切りは8月31日24時。はがきとの重複応募は無効になります。
 ☆はがきでの応募は8月31日の消印有効。
 はがきの場合は、(1)9月末の円・ドル相場(1ドル=○○円○○銭)(2)予想の根拠(3)氏名(ふりがな)(4)電話番号(5)住所(6)年齢(生年月日)(7)職業――を書いてください。
 1人1予想に限ります。複数応募や必要事項の記入漏れは失格になることがあります。
 宛先 〒100―8691 日本郵便(株)銀座郵便局 私書箱399号 日本経済新聞社 経済解説部 円・ドルダービー係
 入賞者には図書カードを進呈。1位は3万円、2位は2万円、3位は1万円、4位以下の入賞者には5000円です。ピタリ賞もあります。

日経平均・円ダービーでは、読者の皆さんの投票を募集しています。詳細は上記の募集要項をご覧ください。日経平均ダービーへの応募はこちら、円・ドルダービーへの応募はこちらから投票してください。*会員限定

日経平均ダービーをMyニュースでまとめ読み
フォローする

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム