/

この記事は会員限定です

「なんでも内閣委」の弊害 重要法案が渋滞、厚労委も

(データで読む国会)

[有料会員限定]

国会に提出した法案をどんな日程で審議し、採決するか。政府・与党は予算と予算関連法が成立すれば、重要法案の仕分けに入る。大切なのは、法案審議の主戦場になる委員会をうまく運営することだ。ところが各委員会に提出する法案の数や審議の時間には偏りがある。内閣委と厚生労働委は重要法案が集中し、際立って忙しい。2つの委員会が国会全般を左右することも珍しくない。

22日に閉会した通常国会で衆院の12常任委員会が扱...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1420文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン