2018年8月22日(水)

勝負はこれから

フォローする

都市対抗野球にみた「野球の原点」
編集委員 篠山正幸

(1/2ページ)
2018/7/24 6:30
保存
共有
印刷
その他

 テンポよく投げ込む投手に、しばしばみられる一塁へのヘッドスライディング――。プロ野球と同じような年格好で、技術のレベルも肉薄するものがありながら、社会人野球の試合進行のスピード感と「密度」は高校野球に近い。13日から開催されている都市対抗野球に、野球の原点をみた。

 日ごろ、プロ野球を取材していて、たまに高校野球の現場に赴くと、一球一球のテンポが早すぎて、うかうかしているとスコアの記入が遅れてしまうことがある。

 それだけ投球の間合いが違うのだ。社会人野球の投手はそこまでは早くないが、総じてプロの投手よりテンポがいい。

社会人野球ではテンポよく投げ込む投手が少なくない(20日の試合で完封した三菱重工神戸・高砂の藤井)=共同

社会人野球ではテンポよく投げ込む投手が少なくない(20日の試合で完封した三菱重工神戸・高砂の藤井)=共同

 その結果、試合時間も短く、おおむね3時間内に収まり、22日の準々決勝まで28試合の平均では2時間40分ほどで終了している。

 単純に比べられるものでもないが、プロ野球は球宴前の平均でセ・リーグが3時間16分、パ・リーグが3時間17分だった。長年の課題である「時短」が達成されるどころか、セは前年に比べ4分、パは3分長くなっている。

 もちろん、ファンにとって試合時間が短い方がいいとは限らない。以前、読者の方からのお便りに「3時間は試合をしてもらわないと、物足りない」という意見があった。北関東から東京ドームの観戦に訪れ、隣接する東京ドームホテルに1泊するというそのファンは、あまりにあっさり終わってもらっては泊まりがけで出かけてきたかいがない、というのだった。

 確かに問題は試合の中身であって、時間の長短はその次の話かもしれない。

新鮮な社会人野球のテンポのよさ

 それにしても、プロ野球ののんびり感に慣れた身には、社会人野球のテンポのよさは新鮮に感じられた。

 逆に、プロ野球の投手もアマチュア時代はポンポン投げ込んでいたはずなのに、なぜああまで遅くなってしまうのか、という疑問もわいてきた。選手のほとんどは高校、あるいは大学、社会人という道を通ってきている。そして社会人まではポンポン投げていたはず。それがいつの時点で、なぜスローダウンしてしまうのか。

 ブリヂストン時代に補強選手として都市対抗に出場するなど、社会人野球の経験もある評論家、権藤博さんによると、プロでは監督、コーチが「丁寧に投げろ、大事にいけ」と指導するあまり、一番大事なテンポを失ってしまうのだとか。

 今でこそタブー視されなくなったが、かつては2ストライクと追い込んでからの「3球勝負」で打たれたら、コーチや監督に「なぜ、1球はずさないのか」と大目玉を食らったものだった。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

17年ドラフト会議

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

勝負はこれから 一覧

フォローする
8日、通算100セーブを達成した中崎。スリリングな抑えっぷりも魅力=共同共同

 絶対的な決め球もなく、四球でピンチを招くこともあるのに、不思議と試合を締めくくってしまう、広島・中崎翔太(26)。抑え投手といえば、剛腕、剛球で「出てきただけで降参」というタイプが思い浮かべられるが …続き (8/21)

今季、森は大きな故障もなく、見事に開花しつつある=共同共同

 パ・リーグ首位の西武が異例の進撃を続けている。通常はチーム防御率の順番に順位も決まってくるものだが、西武の防御率はリーグ最低の4.46。失点を補って余りある超攻撃的野球の要となるのが、5年目で正捕手 …続き (8/7)

都市対抗の現場には地域も企業も元気だった時代の日本のなごりが感じられる=共同共同

 テンポよく投げ込む投手に、しばしばみられる一塁へのヘッドスライディング――。プロ野球と同じような年格好で、技術のレベルも肉薄するものがありながら、社会人野球の試合進行のスピード感と「密度」は高校野球 …続き (7/24)

ハイライト・スポーツ

[PR]