/

アリババとJR九州が提携、中国から九州へ100万人送客めざす

アリババとの提携を発表するJR九州の唐池恒二会長(23日、福岡市博多区)

JR九州と中国・アリババ集団は23日、中国人観光客の九州への送客で戦略的提携を結んだと発表した。アリババの旅行予約サイト「フリギー」を通じて九州の観光地を紹介しながら魅力を伝える。JR九州は九州内でアリババのスマートフォン決済サービス「支付宝(アリペイ)」の導入を促進する。2023年度に中国から九州へ100万人の送客を目指す。

フリギーのサイトには1日平均1000万人以上が訪問する。アリババはデータテクノロジーを活用し、日本と親和性の高い中国人観光客を見極めて効果的に誘客する。フリギーへの出店企業と共同で九州観光のモデルルートを作り、旅行商品をサイト内で販売する。まずは18年10月から19年3月の半年間でアリババを通じて5万人の送客を実現させるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン