2019年7月19日(金)

アリババとJR九州が提携、中国から九州へ100万人送客めざす

2018/7/23 13:35
保存
共有
印刷
その他

JR九州と中国・アリババ集団は23日、中国人観光客の九州への送客で戦略的提携を結んだと発表した。アリババの旅行予約サイト「フリギー」を通じて九州の観光地を紹介しながら魅力を伝える。JR九州は九州内でアリババのスマートフォン決済サービス「支付宝(アリペイ)」の導入を促進する。2023年度に中国から九州へ100万人の送客を目指す。

アリババとの提携を発表するJR九州の唐池恒二会長(23日、福岡市博多区)

フリギーのサイトには1日平均1000万人以上が訪問する。アリババはデータテクノロジーを活用し、日本と親和性の高い中国人観光客を見極めて効果的に誘客する。フリギーへの出店企業と共同で九州観光のモデルルートを作り、旅行商品をサイト内で販売する。まずは18年10月から19年3月の半年間でアリババを通じて5万人の送客を実現させるという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。