/

この記事は会員限定です

「高台の教室」実現できず 大川小設計者の後悔

大川小学校津波訴訟(下)

[有料会員限定]
日経アーキテクチュア

大川小学校を1983年に設計した北澤建築設計事務所(東京・渋谷)の北澤興一代表は、東日本大震災から数年間、口を閉ざしてきた。裏山への設置を提案した東屋を実現できなかったことが「悔やまれる」と語る。

設計者であることを伏せてきた

「大川小学校(現在は跡地となっている)を襲った津波被害に関して、メディアに出ないようにしてきました。私が表に出れば、訴訟で意見の分かれる遺族らに影響を与えてしまうと考えたからです。設計者であることは、東...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1642文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン