埼玉・熊谷で41.1度、観測史上最高 東京・青梅40.8度

2018/7/23 13:20 (2018/7/23 18:03更新)
保存
共有
印刷
その他

一年で最も暑さが厳しいとされる「大暑」の23日、日本列島は引き続き広い範囲で高気圧に覆われ、午後2時23分に埼玉県熊谷市で国内の観測史上最高となる41.1度を記録した。午後1時29分には東京都青梅市で都内初の40度超えとなる40.8度を記録した。午

国内観測史上最高気温となる41.1度を記録した埼玉県熊谷市(23日午後)

国内観測史上最高気温となる41.1度を記録した埼玉県熊谷市(23日午後)

後1時40分に岐阜県多治見市でも40.7度を記録するなど、各地で猛烈な暑さとなった。

国内の過去最高は2013年8月の高知県四万十市の江川崎で観測した41.0度。東京都内の過去最高は04年7月に東京都心と練馬区で観測した39.5度だった。

気温が高い状態は24日以降もしばらく続く見込み。気象庁は、こまめに水分や塩分を取るなど熱中症への警戒を呼びかけている。

午後5時までの主な各地の最高気温は、甲府市が40.3度、埼玉県寄居町と群馬県桐生市が39.9度。東京都心は39.0度、名古屋市39.6度、大阪市37.2度だった。西日本豪雨の被災地でも午前中から気温が上がり、広島市安佐北区で36.0度、岡山県倉敷市で35.2度を記録した。

気象庁によると、太平洋高気圧の上にチベット高気圧が重なり、気温が高い状態が続いている。この暑さは8月上旬にかけて続くとみられ、同庁天気相談所は「無用な外出は避け、熱中症対策を心がけてほしい」としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]