/

この記事は会員限定です

紅い経済圏(4) 資金か欧米の価値観か

ルポ迫真

[有料会員限定]

中東欧を貫くドナウ川と支流のサバ川が出会うセルビアの首都ベオグラード。2017年11月、中心部から10キロメートルほど離れたゼムン駅でベオグラード―ブダペスト高速鉄道の起工式が開かれた。

「友情、協力、発展の道になる」。中国国家発展改革委員会の副主任(当時)、王暁濤(57)は壇上で並ぶセルビア首相アナ・ブルナビッチ(42)に呼びかけた。ハンガリーを含む3カ国が13年合意した鉄道建設は中国が提唱する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1425文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン