/

この記事は会員限定です

ドルしか買えない 米1強時代、独走どこまで

[有料会員限定]

「ドルは予想通り上がってきた」。ある大手生命保険の運用担当者は満足げだ。今春以降、米経済の強さと利上げ路線を背景に円安・ドル高が強まるとみて、米国債を積み増してきた。もちろん為替差益を狙った「ヘッジなし」の米国債だ。

外国為替市場で米ドルが独走状態だ。ドルの総合的な強さを示す「ドル指数」は約1年4カ月ぶりの高さまで上昇。対円相場は7月18日に一時1ドル=113円台と約半年ぶりの円安・ドル高水準を付...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1386文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン