2018年9月24日(月)

AIで早期胃がん発見 熟練医並みの精度

AI
2018/7/23 9:46
保存
共有
印刷
その他

 理化学研究所と国立がん研究センターは人工知能(AI)を使って、内視鏡画像から早期胃がんを熟練医並みの精度で見つけることに成功したと発表した。

 検診に使えば見逃しを減らし、早期治療につながると期待される。研究チームは、医師の判断を支援する装置として実用化を目指すとしている。

 胃がんは自覚症状に乏しいため、進行してから発覚するケースが多い。また早期の場合、炎症との区別がつきにくく、専門医でも発見するのが難しいのが実情だ。

 チームは、内視鏡で撮影した100枚の早期胃がん画像と100枚の正常な胃の画像を学習用データとして用意。「ディープラーニング(深層学習)」と呼ばれる技術を使ってAIに学習させた結果、がんの80%を正しく見つけることができた。正常な組織を正常と判断できた割合は95%だった。判断にかかる時間は0.004秒だった。

 通常、深層学習には数十万~数百万枚の学習用データが必要。早期胃がんの画像を大量に集めることは困難だったが、計200枚の写真を細かく分割して36万枚に増やしたことで、高い精度で発見できるようになったという。〔共同〕

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報