/

長期金利急上昇、一時0.090% 日銀政策修正の観測

5カ月半ぶり水準

23日の債券市場で、長期金利が急上昇した。指標となる新発10年物国債利回りは一時0.090%となり、前週末に比べて、0.060%上昇(債券価格は下落)した。2月2日以来5カ月半ぶりの高水準。日銀が副作用の蓄積に対応して、現在の金融緩和策に修正を加える可能性があるとの一部報道をきっかけに、先行きの長期金利の上昇を見込んだ投資家が先週末の夜間にかけて先物市場で国債先物の売りを強めていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン