/

この記事は会員限定です

G20、貿易戦争で米に批判噴出 通貨摩擦に発展懸念

(更新) [有料会員限定]

【ブエノスアイレス=河浪武史、外山尚之】日米欧と新興国の20カ国・地域(G20)は22日、財務相・中央銀行総裁会議で2日目の討議に入った。最大の懸案は米国発の貿易戦争で、初日21日の討議では各国から米国の輸入制限に批判が噴出した。米国の利上げで新興国は資本流出も加速しており、G20は大きな試練を迎えている。

麻生太郎財務相は22日、G20の閉幕前にムニューシン米財務長官と会談した。ムニューシン氏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1438文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン