2019年3月26日(火)

復興願いコチョウラン出荷 福島・葛尾村

2018/7/21 21:12
保存
共有
印刷
その他

東京電力福島第1原子力発電所事故の避難指示が大部分で解除された福島県葛尾村で21日、農業復興の目玉事業として栽培を始めたコチョウランの出荷式が開かれた。6月末から仙台市や福島県内へ出荷が始まっており、この日は東京向けに初めて出荷された。

出荷に向けて準備作業をする女性(21日午後、福島県葛尾村)=共同

出荷に向けて準備作業をする女性(21日午後、福島県葛尾村)=共同

村内の農家らでつくった農業法人が、コチョウランが風評に左右されず売り上げが見込めることに着目。2018年1月から台湾から輸入した苗の栽培を始めた。年間で約4万8千株の出荷を目指す。

コチョウランは「ホープホワイト」と命名。出荷式で農業法人の松本政美代表は「コチョウランには地域復興へのわれわれの願いも込められている」とあいさつ。篠木弘村長は「地域ブランド化を目指すことで、村全体の農業復興を進める」と強調した。

原発事故で村全域に出た避難指示は16年6月、放射線量が高い帰還困難区域を除いて解除されたが、今月1日時点で村に住民票がある1428人中、居住するのは304人にとどまっている。〔共同〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報