/

この記事は会員限定です

人手不足が迫る政策転換 問われる覚悟

[有料会員限定]

政府は24日、外国人労働者の受け入れ拡大を検討する関係閣僚会議を発足させた。単純労働を含めて幅広く外国人材に国を開く歴史的な政策転換だ。2019年4月の実施まで半年余り。日本の経済、社会を大きく変える挑戦が始まる。

6月22日昼、麻生太郎財務相は自民党本部に姿を見せた。普段は党本部に立ち寄ることが少ない麻生氏が出席したのは鋳物製造業者の団体、日本鋳造協会との会合。団体側は「人手不足で労務費が高騰し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1131文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン