/

この記事は会員限定です

上原トリプル100 雑草魂、黙々と大輪

[有料会員限定]

巨人・上原の出番は8-8に追いついたあとの七回。1死から西川に中前打を喫したものの、どんどんストライクを投げ込むいつものスタイルで、代打バティスタを二飛、1番田中を左飛に仕留めた。

巨人に復帰して10ホールド目となり、日本11年、メジャー9年、計20年目で日米通算100ホールド。通算勝ち星134、同セーブ128と合わせ、メジャーでも1人しかいない「トリプル100」を達成した。

時代から何から条件が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り458文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン