2018年8月22日(水)

太陽光パネル、衰退日本勢に「とどめの一撃」懸念

環境エネ・素材
2018/7/21 0:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 日本の太陽光パネルメーカーが新たな荒波に直面する。中国政府の政策転換や米国の保護主義を背景に、安いパネルが日本に流れ込む。国内勢は2017年に初めて海外勢に国内シェア首位を明け渡したが、反転攻勢の糸口は見えない。

 「2割安くするので買いませんか?」。太陽光パネルの販売・施工会社の元には最近、中国メーカーから大幅値引きの打診が頻繁に寄せられる。

 きっかけは2つ。まず中国政府の方針転換だ。再生可能エ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報