2018年11月20日(火)

滞在型の起業支援施設、東京都千代田区に開業

スタートアップ
2018/7/20 22:00
保存
共有
印刷
その他

宿泊機能を備えたインキュベーション施設が東京都千代田区に23日、開業する。起業支援のプラットフォームサービス(東京・千代田)と教育関連のハバタク(同)が共同で運営する。地方の起業家が東京で挑戦する機会を提供する。新たな街づくりの一環としての機能も持たせる。

1階には飲食店を設けた(東京都千代田区のインキュベーション施設「錦町ブンカイサン」)

名称は「錦町ブンカイサン」。酒店だったビルを改装した。3~5階を起業家向けのスペースとし、3階はオフィス、4.5階は居住フロアで、職住接近の環境にして事業に集中できるようにした。コンセプトは「農耕型インキュベーション」とし、中長期でじっくりと創業準備に取り組んでもらう。

1.2階には飲食施設を設置。1階は飲食店を置き、2階は様々な食文化を紹介するギャラリーにする。千代田区が姉妹都市提携している秋田県五城目町の食材を活用することなども検討する。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報