/

滞在型の起業支援施設、東京都千代田区に開業

宿泊機能を備えたインキュベーション施設が東京都千代田区に23日、開業する。起業支援のプラットフォームサービス(東京・千代田)と教育関連のハバタク(同)が共同で運営する。地方の起業家が東京で挑戦する機会を提供する。新たな街づくりの一環としての機能も持たせる。

名称は「錦町ブンカイサン」。酒店だったビルを改装した。3~5階を起業家向けのスペースとし、3階はオフィス、4.5階は居住フロアで、職住接近の環境にして事業に集中できるようにした。コンセプトは「農耕型インキュベーション」とし、中長期でじっくりと創業準備に取り組んでもらう。

1.2階には飲食施設を設置。1階は飲食店を置き、2階は様々な食文化を紹介するギャラリーにする。千代田区が姉妹都市提携している秋田県五城目町の食材を活用することなども検討する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン