/

この記事は会員限定です

原油の生産余力に不安 イラン制裁、供給減懸念消えず

[有料会員限定]

貿易戦争が商品相場に下落圧力をかけるなか、原油が高値圏でもみ合っている。イラン産原油がトランプ米政権の経済制裁で市場から締め出され、需給が逼迫するとの懸念は消えない。サウジアラビアなどが増産し穴埋めする構えだが、非常時の生産余力は細る。油田事故など思わぬ供給障害が起きれば、急騰するのではないかとの不安が相場を下支えする。

WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物は1バレル70ドル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り932文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン