2018年11月22日(木)

ウナギ、高くても好調 「丑の日」外食やスーパー

2018/7/20 21:11
保存
共有
印刷
その他

土用の丑(うし)の日の20日、大手外食チェーンの店舗やスーパーの店頭にも、ウナギを求めて多くの人が訪れた。稚魚の不漁による価格高騰で割高になったメニューがあったものの、販売は堅調という店が多かった。

吉野家では1000円を超す「鰻重」も好調(東京駅八重洲通り店)

吉野家では1000円を超す「鰻重」も好調(東京駅八重洲通り店)

吉野家ホールディングスが展開する「吉野家」の東京都心の店舗。「鰻(うな)重」を食べた60代の男性会社員は「暑いので力をつけたい。価格も考えると満足です」と笑顔を見せた。ウナギ関連のメニューは790円から。12日に40円値上げしたが、ウナギの量が多い1000円以上のメニューが人気を集めた。

値上げをしても売れ行きが好調だったのは大戸屋ホールディングスの定食店「大戸屋」。うな重は2500円と今春の期間限定販売時より500円値上げしたが「影響はない」(同社)。20日の販売数量は19日までの3倍になった。値上げ後も専門店より割安な値付けが奏功したようだ。

すかいらーくホールディングスの「夢庵」のうな重は2499円(税別)。鹿児島県産の良質なウナギを採用したことで2017年より500円上昇した。それでも受けはよく、高齢者から会社員まで幅広い客層がランチ時から来店した。

コンビニエンスストアやスーパーでも販売は堅調。ファミリーマートでは、うな重などの予約数量が前年を1割超上回って推移した。主力品の価格を前年比100円引き上げたが、予約申し込みに限って100円値引くキャンペーンを展開。予約販売への誘導につながったとみられる。

イオンリテールでは20日までのウナギ関連商品の販売数量はほぼ前年並みだった。単価上昇の影響もあったが、質の良い国産ウナギは好調で、割高でも質やボリュームを重視する消費者の傾向がうかがえる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報