/

この記事は会員限定です

秋田新幹線に新トンネル構想 大雪に強く、時短も

(東奔北走)

[有料会員限定]

秋田、山形両新幹線に新トンネルを整備する構想が動き出した。両新幹線とも在来線を改良した「ミニ新幹線」。東北新幹線など「フル規格」に比べ、災害に弱く速度で劣る。このためJR東日本は天候に左右されず、スピードアップもできるトンネルの新設を検討する。JR東は国や沿線自治体に建設費の一部負担を求めており、財源確保が課題となる。

「秋田新幹線は自然災害による輸送障害のリスクを抱えている。秋田駅から東京駅までの所要時間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1318文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン