集中治療室の処置を助言 T-ICUが遠隔サービス

2018/7/20 20:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

医療スタートアップ企業のT-ICU(兵庫県芦屋市)は、集中治療室(ICU)向けの遠隔モニタリングサービスを始めた。医療機関が提供する患者の血圧や脈拍などの情報をもとに、人工呼吸器を外すタイミングなどを助言する。専門医の少ない遠隔地の医療機関などの導入を見込む。

ICUは手術後の患者らを治療する。同社によると「集中治療専門医」は1500人ほどいるが、配置できずに内科医らが対応する医療機関もあるとい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]