/

タカラバイオ、iPS関連技術を取得 塩野義製薬から

タカラバイオは20日、ヒトのiPS細胞由来の脳や脊髄にある細胞を安定的に作り出すノウハウを塩野義製薬から取得したと発表した。中枢神経の免疫を担当する「ミクログリア」と呼ばれる細胞を製造する技術で、アルツハイマー病などの創薬で期待できる。取得額は非公表。国内でも数少ない安定的に供給できる体制を整え製薬会社へ提供する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン