/

この記事は会員限定です

形骸化する「国債購入80兆円めど」 日銀あえて放置へ

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]

日銀が長期国債購入額(ネットベース)のめどとして掲げてきた「年間80兆円」の形骸化が一段と進んでいる。6月末時点の年間購入額は約43兆円に縮小。「めど」の半分程度に減ってきた。4月に2%物価目標の達成時期に関する記述(2019年度ごろ)を対外公表文から削除した日銀。次は「80兆円」を示すのもやめるとの見方が市場に出てきた。だが日銀内で聞かれるのは否定的な声。なぜなのか。

市場に出てきた「めど」の削除観測

現在の日銀は2016年9月に導入した「長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1427文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン