2018年12月10日(月)

鋼材売上数量、6月は「増加」が4割 流通業者調べ

2018/7/20 18:37
保存
共有
印刷
その他

鋼材の流通・加工業者で組織する浦安鉄鋼団地協同組合(千葉県浦安市)が実施した6月の景況実感調査によると、売上数量が前月に比べ増加したとの回答が全体の40.9%を占めた。5月の調査を18.8ポイント上回った。

荷動きの回復を指摘する声が多い(千葉県浦安市の問屋)

建築向けに多く使うH形鋼、平鋼、一般形鋼について荷動きの回復を指摘するコメントが多かった。荷動きの増加は市中価格を押し上げた。オフィスビルの柱に使うH形鋼の流通価格は現在1トン8万6500円前後。3カ月前に比べて3500円(4%)高い水準で推移している。

電力が不足がちになる夏に電炉は減産することが多い。荷動きが改善している中で供給が減る可能性がある。鋼材の品薄感が強まれば、流通価格の一段の上昇につながりそうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報