2019年8月22日(木)

枝野氏が2時間43分演説、衆院最長 内閣不信任決議案

2018/7/20 21:17
保存
共有
印刷
その他

立憲民主党の枝野幸男代表は20日、衆院本会議での内閣不信任決議案の趣旨弁明で、2時間43分にわたって安倍政権を批判した。記録が残る1972年12月以降、衆院では最長となる。これまでは今年5月に同党の西村智奈美衆院議員が記録した2時間6分が最長だった。

枝野氏は、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法や参院定数を6増やす改正公職選挙法の審議に触れ「災害対応より優先させた」などと批判した。

内閣不信任案をめぐっては野党の足並みの乱れもみられた。国民民主党は参院内閣委員会の採決阻止のため、19日中に出すように提案した。立民は注目が集まりやすい事実上の会期末の20日にこだわり応じなかった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。