財務省、揺れた次官人事 信頼回復へ難路続く
空席3カ月、本命の岡本主計局長を起用

2018/7/21 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

不祥事からの立て直しに向けて、財務省の新次官に岡本薫明主計局長(57)が就く見通しとなった。約3カ月にわたる次官の空席。官房長、主計局長を経て次官になる慣例通りの人事に落ち着くまで、学校法人「森友学園」問題が組織を揺さぶり、候補が二転三転する異例の展開となった。財務省は本命の登板で信頼回復を急ぐが、道は険しい。

【関連記事】
財務次官に岡本主計局長で最終調整 国税庁長官は藤井氏

セクハラ疑惑で福田淳…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]