2019年9月17日(火)

トヨタが狙う技術、起業家見定め 未来創生ファンド

(1/2ページ)
2018/7/23 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2015年11月に運用を始めた「未来創生ファンド」はトヨタ自動車が参加した初の本格的なベンチャーキャピタル(VC)だ。運用額は367億円と国内のVCでは有数の規模で、2年半あまりで国内外の40社以上に投資した。運用を任されたのがスパークス・グループ。上場株式の運用などで磨いた起業家の資質を見る目で「第4次産業革命」を担う技術に集中投資している。

「言葉に誠実さがあり、会った瞬間に感心した」。スパ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。